夜景の名所とオススメ撮影スポット

夜景 の 基本情報と撮影のコツ

夜景 名所 スポット 関東

夜景は写真の題材として、とても人気です。光と影を写すという写真の本質に則っており、また、風景写真と違い、都市部に近い場所ほど絶景を見ることができます。

夜景は大きく2種類にわけられます。一つ目はイルミネーションやライトアップなど比較的近い位置から眺める『都市夜景』です。工場やジャンクション夜景などもこちらに含まれます。もう一つはビルの展望台や丘の上から眺める『高台夜景』です。

都市夜景は、季節を問わず楽しむことができます。とくにクリスマス前後になると各地でイルミネーションイベントも行われます。撮影の難易度が比較的低く、見栄えのする写真となりやすいので、写真撮影では都市夜景のほうが人気です。

高台夜景は都市夜景よりも遠方を眺めるため、秋から冬にかけての空気の澄んだ時期が見頃となります。関東平野だと木枯らしなどの北風が強く吹いた日は綺麗に見えることが多いです。条件が整うと、光に切り取られた地平線をくっきりと拝むこともできます。一方で、被写体としては横長なので構図の作り方が難しいです。そのため高台夜景は撮影よりも観賞の対象として人気です。

夜景を撮影する際には、必ず三脚を用意しておきましょう。カメラ性能の向上により手持ちでもある程度撮影できるようになってきていますが、三脚があったほうが絞って撮影できたりと表現の幅が広がります。なお展望台など人の多く集まる場所では、三脚の使用が可能かどうか、あらかじめ調べておきましょう。

プロテクトフィルタを使用している人は、夜景撮影の際には外しておきましょう。ゴースト発生の大きな原因となります。

ビルの展望台などで窓越しに撮影する際に、窓ガラスに室内が写り込んでしまうことがあります。暗幕などの黒い布を使い、窓に室内光が当たらないようにすることで防ぐことができます。黒いジャケットなどを着ていれば、それで代用もできます。また、窓に指紋などが付いてると、その部分だけボケて写ってしまいます。油分を拭き取れるような湿式のレンズクリーニングティッシュがあると便利です。

夜景撮影ではホワイトバランスを大きく変更しても違和感が比較的少ない写真になります。普段は使わないような色味で撮影してみても面白いです。

目次
桜ヶ丘公園 ゆうひの丘
練馬区役所 展望ロビー
夜景の 名所一覧

桜ヶ丘公園 ゆうひの丘

見頃の時期
11月下旬~3月上旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

桜ヶ丘公園にあるゆうひの丘は、関東多摩地区を代表する夜景スポットです。聖蹟桜ヶ丘駅周辺のビルと丘陵の立体感、多摩川の流れと奥行き、川に掛かる橋、奥多摩の稜線や関東平野の地平線と、変化に富んだ夜景を望むことができます。

典型的な高台夜景なので、秋から冬の空気の澄んだ時期に訪れたいです。公園内は適度に街灯もあり雰囲気良く整備されていますが、駐車場からは若干歩きます。

その景観の良さから、映画やドラマなどのロケ地としても多用されています。多摩地区で夜景の撮影を始める際には真っ先に訪れたいオススメスポットです。

桜ヶ丘公園 ゆうひの丘 夜景

練馬区役所 展望ロビー

見頃の時期
11月下旬~3月上旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★

あまり知られていませんが、練馬区役所には無料開放された展望ロビーがあります。ほぼ360度にわたって都内の夜景を楽しむことができ、都心にも近いため、とても見ごたえがあります。

地上20階からの景色は見通しがよく、かなり遠くまで見渡せます。そのため、空気の澄んでいる秋から冬にかけて訪れたいです。

マイナーであるがゆえに混雑することが少なく、落ち着いて撮影ができます。駅からも近いため手軽に訪れることのできる穴場スポットです。

練馬区役所 展望ロビー 夜景

夜景 の 名所一覧

埼玉県

市町村 名称 オススメ度
東松山市 物見山公園 ★★★★★
狭山市 稲荷山公園展望台 ★★★★★
飯能市 あさひ山展望公園 ★★★★

東京都

市町村 名称 オススメ度
多摩市 桜ヶ丘公園 ゆうひの丘 ★★★★★
府中市 稲城大橋 ★★★★★
日野市 みはらし公園 ★★★★★
東村山市 狭山公園 ★★★★
瑞穂町 瑞穂ビューパーク ★★★★★
練馬区 練馬区役所 展望ロビー ★★★★★
調布市 調布市文化会館たづくり ★★★★★

神奈川県

市町村 名称 オススメ度
川崎市 生田配水池 ★★★★★