アジサイの名所とオススメ撮影スポット

アジサイ の 基本情報と撮影のコツ

アジサイ 名所 スポット 関東

そろそろ梅雨に入ろうかという季節。街を彩ってくれるのがアジサイです。例年6月の上旬から下旬にかけて楽しませてくれます。品種は大きく額アジサイと西洋アジサイに分けられます。装飾花が両性花を額のように取り囲むのが額アジサイ。ほぼ装飾花のみで球状に咲くのが西洋アジサイです。

非常に多くの園芸品種がある花です。また、同じ株であっても開花時期や土壌のphが変われば花色も異なり、その様子は「七変化」とも呼ばれます。同じ場所でも時期が違えば、同じ品種でも場所が変われば、また違った花の色を見せてくれます。なお、花色の変化は額アジサイや山アジサイなどの原種に近い品種でより顕著です。

アジサイは湿った半日陰で育てるのに適しているため、名所は山林の中にあることが多いです。晴天の日であれば、木漏れ日の射す場所をアンダー気味に撮影するとスポットライトのように表現することができます。一方で、晴天の日は影が強く出すぎてしまうというデメリットもあります。そんな時は、日陰の花を選んで撮影してみてください。あるいは最初から薄曇りの日を選んでもいいでしょう。

梅雨時を代表する花ですので、雨の日の撮影もよく似合います。雨だと出かけるのが億劫になりがちですが、アジサイの撮影であれば、雨の日が待ち遠しくもなります。大切なカメラを壊さないように注意しながら楽しんでください。

目次
高幡不動尊
妙楽寺
アジサイの 名所一覧

高幡不動尊

見頃の時期
6月上旬~下旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

高幡不動尊は東京を代表するアジサイの名所です。開花期には『あじさいまつり』も開催されます。

見頃となるのは6月の上旬から下旬にかけてです。まずは山アジサイから始まり、中旬以降に額アジサイ、西洋アジサイと続きます。より多くの品種を見たいのなら6月中旬頃に訪れるのがオススメです。

敷地には五重塔をはじめ副題となる寺社建築が多くあります。駅を出た目の前とアクセスも良いため、訪れやすいスポットです。

高幡不動尊 アジサイ

妙楽寺

見頃の時期
6月中旬~下旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★

妙楽寺はあじさい寺とも呼ばれる川崎市の名所です。毎年6月第3日曜日には『長尾の里 あじさいまつり』が執り行われます。

植えられているのは西洋アジサイが中心で、6月中旬から下旬にかけてが見頃となります。

敷地に対して密に植えられているのが印象的です。建築物も含めて、とても絵になるお寺です。

妙楽寺 アジサイ