ひまわりの名所とオススメ撮影スポット

ひまわり の 基本情報と撮影のコツ

ひまわり 名所 スポット 関東

暑い季節は多くの草花にとっても厳しい季節で、夏に咲く花は多くありません。そんな夏に彩りを添えてくれるのが、ひまわりです。

ひまわりの見頃は品種によって大きく異なります。早咲きで7月下旬から、遅咲きで8月下旬から満開となり、見頃は2週間ほど続きます。ひまわりのスポットでは、同じ時期に咲く品種がまとめて植えられることが多いです。そのため訪れる場所によって最盛期が異なりますので注意してください。

撮影スケジュールを決めるときは、方角と時間帯を気にしてみましょう。ひまわりは東を向いて咲く花です。そのため、順光で撮影したければ、午前中に訪れる必要があります。

夏を代表する花ですので、副題も夏らしいものにこだわりたいです。青空と入道雲、麦わら帽子の女性、夏休みの子供などが定番です。またミツバチが集まる花なので、ミツバチを主役にしてみてもいいでしょう。

目次
清瀬ひまわりフェスティバル
比良の丘
ひまわりガーデン武蔵村山
ひまわりの 名所一覧

清瀬ひまわりフェスティバル

見頃の時期
8月中旬~下旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★

清瀬ひまわりフェスティバルは都内で最大級のひまわり畑です。毎年多くの人が訪れ、会場には俯瞰で眺めるための大規模な展望台も設置されています。

見頃となるのは例年8月中旬から下旬です。フェスティバルの期間外は入場できないので注意してください。

10万本以上もある背の高いひまわりに囲まれた世界は圧巻ですので、ぜひ一度は訪れてほしい場所です。

清瀬ひまわりフェスティバル ひまわり
  • Pentax K-3
  • smc PENTAX-DA 18-135mm f/3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR
  • 100mm, F5.6, 1/1600s, ISO100
  • 2018/08/22

比良の丘

見頃の時期
8月下旬~9月上旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

比良の丘のひまわり畑は2018年から整備が開始されました。植えられているのは背の低いひまわりなので、台に乗らずとも俯瞰で眺めることができます。

見頃は遅く、例年8月下旬から9月の上旬にかけてです。今年の夏はひまわりを撮影してなかったな、と気付いてからでも間に合うかもしれません。

規模としては大きくありませんが、遮蔽物のない丘の上に咲くひまわりが気持ちのいい場所です。新名所なので知名度が低く、訪れる人が少ないのも魅力です。

比良の丘 ひまわり
  • Pentax K-3
  • D FA MACRO 100mmF2.8 WR
  • 100mm, F2.8, 1/2500s, ISO100
  • 2020/08/24

ひまわりガーデン武蔵村山

見頃の時期
7月下旬~8月上旬
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★

ひまわりガーデン武蔵村山では清瀬市に次ぐ規模のひまわり畑を見ることができます。

こちらの見頃は若干早く、7月下旬から8月上旬にかけてです。梅雨明けと同時に夏らしい写真を撮ることができます。

多くの品種が植えられているのが特徴です。品種が変われば印象も変わるので、ここだけで様々な雰囲気の撮影ができます。

ひまわりガーデン武蔵村山 ひまわり ゴーヤ トンネル
  • Pentax K-3
  • smc PENTAX-DA 18-135mm f/3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR
  • 115mm, F5.6, 1/500s, ISO100
  • 2018/07/26

被写体別一覧

梅の名所とおすすめスポット
例年の見頃
1月下旬~3月中旬
紹介数
14 スポット

桜の名所とおすすめスポット
例年の見頃
2月中旬~4月下旬
紹介数
37 スポット

バラ

バラの名所とおすすめスポット
例年の見頃
5月上旬~下旬
紹介数
5 スポット

アジサイ

アジサイの名所とおすすめスポット
例年の見頃
6月上旬~下旬
紹介数
9 スポット

ひまわり

ひまわりの名所とおすすめスポット
例年の見頃
7月下旬~9月上旬
紹介数
5 スポット

彼岸花 今日のオススメ!!

彼岸花の名所とおすすめスポット
例年の見頃
9月中旬~10月上旬
紹介数
13 スポット

紅葉

紅葉の名所とおすすめスポット
例年の見頃
10月中旬~12月上旬
紹介数
34 スポット

夜景

夜景の名所とおすすめスポット
例年の見頃
10月下旬~3月上旬
紹介数
15 スポット