野川公園

野川公園 の 基本情報

見所
花(彼岸花、梅)
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★

野川公園は多磨霊園の東に位置する都立公園です。かつてはゴルフ場であり、広い敷地の大部分を芝生広場が占めていて、写真よりもピクニックやバーベキューに向いた公園です。

写真を撮る場合には公園の北部に位置する「自然観察園」がオススメで、特に初秋の彼岸花は見事です。

ただし、自然観察園内では三脚の使用は禁止されているので注意してください。

公園自体は通年入れますが、自然観察園は9時半から16時半までとなり、毎週月曜(祝祭日の場合翌火曜)と年末年始は休園となります。

目次
野川公園 の 彼岸花
野川公園 の 梅園
野川公園 への アクセス
野川公園 周辺の おすすめスポット

野川公園 の 彼岸花

野川公園敷地内の自然観察園では秋分の頃になると彼岸花が咲き、特別広くはないものの密に植えられている様子は見応えがあります。自然観察園内は木道が整備されているので、木道をうまく絡めて撮ると、園内の雰囲気がよく伝わります。

木道は狭く、自然観察園内全域で三脚の使用は禁止されています。特別混雑する場所ではありませんが、人とすれ違う時も注意してください。

ここの彼岸花は奥行きが出るように植えられてはいないので、広角レンズでは持て余してしまいます。フルサイズ換算で30mmから中望遠のレンズで画角を絞ったほうが花と木々のバランスが良くなります。標準ズームレンズがあれば画角の調整がしやすいでしょう。

自然観察園と言うだけあって、この場所では様々な昆虫を見ることもできます。特に真っ赤な彼岸花にクロアゲハは、赤と黒が互いを強調し合う組み合わせなので、ぜひ狙ってみてください。

野川公園 クロアゲハ

野川公園 の 梅園

野川公園には50本ほどの規模の梅園があり、例年2月の下旬から3月の上旬にかけて見頃をむかえます。地域の憩いの場となっており、週末はもちろん平日であっても多くの人が訪れます。来園者の写り込みを避けたい場合には早朝に訪れるようにしましょう。

梅園の周囲は気持ちのいい芝生が広がっています。ぜひこの雰囲気も一緒に写し撮りたいですが、来園者を避けようとすると構図が限られます。また、梅園から少し離れたところには高さ3mほどに土を盛った丘があり、その上からだと俯瞰気味に撮影することができます。

周囲には高い建物がなく、背景は選びやすいです。また、空も広いので、晴天であれば青空を背景にしてもいいでしょう。

使用するレンズは梅園内からだと標準ズーム、梅園のそばの丘付近からだと望遠のズームレンズがおすすめです。広角レンズを使って来園者の写り込みを避けるには、できるだけ花や枝に寄って、あおるように空を広く写すなどの工夫が必要です。

野川公園 梅

野川公園 への アクセス

野川公園には専用の有料駐車場があります。出庫はいつでもできますが、入庫は7時から20時までとなっています。また、週末は満車となることも多いので注意してください。

公共交通機関を使う場合は、西武多摩川線多磨駅から徒歩15分ほどです。

なお入り口から自然観察園までは、さらに10分ほど歩きます。

野川公園 周辺の おすすめスポット

深大寺

深大寺
見所
建築(寺社、門前町)
風景
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★
  • 所在地:東京都調布市
  • 駐車場:なし
  • 野川公園からの直線距離:2.55km

稲城大橋

稲城大橋
見所
夜景
建築
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★
  • 所在地:東京都府中市
  • 駐車場:なし
  • 野川公園からの直線距離:2.92km

小金井公園

小金井公園
見所
花(桜、梅)
オススメ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★
  • 所在地:東京都小金井市
  • 駐車場:あり(有料)
  • 野川公園からの直線距離:3.98km

その他の撮影スポット