谷保天満宮

谷保天満宮 の 基本情報

谷保天満宮
見所
花(梅、アジサイ)
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

谷保天満宮は菅原道真の三男、道武によって903年に創建されたと伝わる神社です。東日本の天満宮としては最古とされています。

学業祈願だけでなく、日本初のドライブツアーの目的地だったことにちなみ、交通安全祈願としても有名です。また、そのドライブツアーで昼食会が開かれた梅林は、現在でも梅の名所として地元の人に親しまれています。

三脚の使用は基本問題ありませんが、梅林の通路は狭いので、通路を避けて三脚を立てるようにしましょう。また、混雑時は三脚の使用自体を控えましょう。

谷保天満宮 の 梅

谷保天満宮には約350本の梅が植えられ、例年1月下旬から咲き始めて3月上旬まで楽しむことができます。2月下旬から3月上旬にかけてのいずれかの週末には「梅祭り」も行われます。

周辺には府中郷土の森博物館や京王百草園といった梅の名所も多く、やや地味な印象も否めません。周囲も住宅街となっており絡めやすい背景も少ないので、観梅にはいい場所ですが、撮影となると難しくなります。

使用するレンズは画角の絞れる望遠レンズがオススメです。100mm前後の望遠マクロレンズがあると使いやすいです。運良く観光客が少なければ、標準から広角レンズでも楽しめます。その場合、背景が住宅とならないように吟味すると上手に撮れます。

谷保天満宮 梅

谷保天満宮 への アクセス

谷保天満宮には専用の無料駐車場がありますが、行事のある時や梅の季節は満車となることも多いようです。

公共交通機関を使う場合は、JR南武線谷保駅から徒歩約5分ほどです。

谷保天満宮 周辺の おすすめスポット

高幡不動尊

高幡不動尊
見所
建築(寺社)
花(アジサイ、桜)
紅葉
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

桜ヶ丘公園 ゆうひの丘

桜ヶ丘公園 ゆうひの丘
見所
風景
夜景
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

稲城大橋

稲城大橋
見所
夜景
建築
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★
谷保天満宮 梅
谷保天満宮 梅
谷保天満宮 梅