宿谷の滝

宿谷の滝 の 基本情報

宿谷の滝
見所
風景(渓谷)
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★

宿谷の滝は埼玉県毛呂山町にある落差12mの滝です。森の中の遊歩道を歩いた先にある滝で、周辺は県立黒山自然公園にも指定されています。

決して規模の大きな滝ではありませんが、苔むした岸壁を流れ落ちる姿は美しいです。また、滝壺に入ることのできる珍しい滝でもあります。

季節により混雑度は異なり、特に暑い季節は滝壺で遊ぶ地元の子どもや家族連れで賑わいます。一方で冬季はハイカーがぽつぽつといる程度ですので、写真を撮るのなら冬季がオススメです。

遊歩道は狭く三脚の使用は難しいです。滝壺周辺は多少スペースがありますが、混雑時は遠慮したほうがいいでしょう。

宿谷の滝

宿谷の滝は落差12mを段差無しでほぼ一直線に落ちる美しい姿の滝です。

水量は多くはないので、高速シャッターで撮るよりも、露光時間を増やして白糸のように撮りたいです。森の中の滝ゆえに高速シャッターが難しい一方で、絞りを絞ればNDフィルターなしでも白糸のように撮ることができます。

また、滝壺の中まで入ることができるので、防水装備が万全なら滝壺の中から迫力のある写真も取れそうです。まれに滝行しながら自撮りしている人も見かけます。

滝壺の淵からだと、フルサイズ閑散で28mmの縦構図で滝の全体像がぴったり収まります。滝の周辺を写し込んだり滝壺の中から撮影するならそれ以上の広角を、滝の一部を切り取っったり滝壺から離れた位置から撮影するなら標準から望遠レンズが必要です。

使用するレンズは、滝周辺でのレンズ交換が難しいため高倍率ズームがオススメです。複数のレンズを使う場合は、遊歩道を上流側に2分ほど歩くと東屋とベンチがあるので、そこでレンズ交換を行えば水濡れのリスクを減らせます。

宿谷の滝

宿谷の滝 の 風景

宿谷の滝の周辺は県立黒山自然公園となっており、遊歩道や登山道が整備されています。滝から流れ出た小川沿いを歩く遊歩道は、それだけでも被写体となりますが、遊歩道自体はコンクリート製なので、それを悪目立ちさせないように注意しましょう。

周囲は杉林なので冬でも緑はありますが、やはり新緑の季節の方が撮影には適しています。薄暗くてシャッタースピードが稼げず、三脚を使える場所も限られるので、ISO感度を上げるか絞りを開放寄りにするかして対処する必要があります。

森の中で空がほとんど見えないため、広角レンズを使っても空が広く写りすぎるといったことはありません。その一方で望遠で一部分だけを切り取っても面白いです。広角から望遠まで様々な撮影方法のある場所なので、レンズは高倍率ズームが使いやすいです。

宿谷の滝 風景 渓谷

宿谷の滝 への アクセス

宿谷の滝には無料の駐車スペースがありますが台数は限られ、夏休み期間中などは止められない可能性もあります。駐車スペースから滝までは遊歩道を徒歩約10分ほどです。

公共交通機関を使う場合はJR八高線、高麗川駅からバスに乗り、「北平沢」バス停下車徒歩約1時間弱です。

宿谷の滝 周辺の おすすめスポット

高麗家住宅

高麗家住宅
見所
建築(古民家)
花(桜、枝垂れ桜)
おすすめ度★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

巾着田

巾着田
見所
花(彼岸花、桜)
建築(水車小屋)
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★

メッツァ

メッツァ
見所
風景
紅葉
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★
宿谷の滝
宿谷の滝
宿谷の滝 風景 渓谷