白谷沢

白谷沢 の 基本情報

白谷沢
見所
風景(渓谷)
おすすめ度★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

白谷沢は飯能市にある渓谷です。沢伝いに登山道が伸びており、苔むした美しい景観を見ることができます。

飯能ではメジャーな登山スポットである棒ノ折山へと続いているため、週末には多くの人が登山道を通過します。登山道は狭いので、周囲に迷惑をかけていないか確認してからシャッターを切るようにしましょう。

三脚は登山道では全く使えません。登山道から一歩外れれば三脚を立てられるスペースもありますが、滑落には十分注意してください。

白谷沢登山道はハイキング道ではなく、歴然とした登山道です。岩登りや沢渡りをしますので、登山靴をはじめ、相応の装備で訪れましょう。カメラバッグも両手がフリーになるザックタイプが必要です。

冬季は岩場が凍結し、非常に危険です。専用の装備と知識がないならば、春から秋に訪れるようにしましょう。

白谷沢 の 渓谷

白谷沢は苔むした岩や倒木の美しい渓谷です。途中いくつかの滝をはさみ、バラエティに富んだ景色を見せてくれます。

白谷沢登山口付近はまだ渓谷との距離がありますが、30分ほど歩くと、そこから先は渓谷沿いを渡りながら進むようになります。登山口から1時間ほどで林道にぶつかりますが、登山が目的でないならば、そこで引き返しましょう。沢は登るより下るほうが危険なので、充分に注意してください。

渓谷沿いは被写体に溢れています。苔の一部をクローズアップして背景をボカしたり、渓谷全体を広角で写し撮ったりと様々な撮影が可能です。渓谷内は薄暗く、絞って撮影する場合はISO感度を上げるか、三脚を使う必要があります。

広角から望遠まで様々な撮影ができるため、高倍率ズームがあると便利なのですが、高倍率レンズの多くは暗く、手ブレを起こしやすいです。複数の大口径レンズを使い分けてもいいのですが、それだと機材が重くなって登山がきつくなります。

あらかじめ自分の撮りたい写真のイメージを決めておき、背景ボケを活かした写真を撮りたいのなら大口径レンズを手持ちで使用し、風景全体をパンフォーカスで撮りたいなら軽量レンズを三脚で使うなど、用途を絞った機材で撮影に臨みたいです。

白谷沢 風景 渓谷 ゴルジュ

白谷沢 への アクセス

白谷沢登山口には数台の無料駐車スペースがあります。満車だった場合には名栗湖周辺の駐車場を使うことになります。

公共交通機関を使う場合は西武池袋線、飯能駅からバスに乗り、「さわらびの湯」または「河又名栗湖入口」バス停で下車し、登山口まで徒歩約30分ほどです。

白谷沢 周辺の おすすめスポット

名栗湖

名栗湖
見所
風景
紅葉
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★

鳩ノ巣渓谷

鳩ノ巣渓谷
見所
風景(渓谷)
紅葉
おすすめ度★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

御岳渓谷

御岳渓谷
見所
紅葉
風景
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★
白谷沢 風景 渓谷
白谷沢 風景 渓谷