野山北・六道山公園 展望台

野山北・六道山公園 展望台 の 基本情報

野山北・六道山公園 展望台
見所
風景
富士山
紅葉
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

野山北・六道山公園は狭山丘陵の南側に位置する、都立公園としては最大級の公園です。その公園の展望台からは春は桜、秋は紅葉を楽しめるほか、野鳥の観察もできます。

写真のスポットとしてはマイナーで、むしろハイキングやアマチュア無線で親しまれています。展望台の上は十分な広さがあり三脚も使えますが、週末など混雑している場合は控えた方がいいでしょう。

利用時間は3月から10月までは16時半まで、11月から2月までは16時までとなり夜間は入れません。朝は通年9時からです。

野山北・六道山公園 展望台 の 風景

ここの展望台からの風景は、残念ながらあまり写真映えしません。かつては見晴らしが良かったのでしょうが、周辺の木々が茂ってしまい、視界を遮ってしまっています。視界の開けた方角は住宅地が広がるばかりで面白みがありません。

夜景を撮影すると楽しそうな場所ですが、残念ながら夜間開放はされていません。夕景を撮るには閉鎖時間が早く時期が限られます。もし夕景を撮るのなら10月末か、冬至頃の日没が最も早くなる時期を選ぶ必要があります。

レンズは地上景の面白みに欠ける分、あえて広角レンズで空を広く撮ったほうが印象的な写真になります。

野山北・六道山公園 展望台 風景

野山北・六道山公園 展望台 の 富士山

この展望台から見る富士山は「関東の富士見百景」にも選ばれています。しかし写真に撮る場合、あまり面白い写真とはなりません。前景がどうしても森になってしまうからです。

ここで富士山を撮るのなら、どのような富士山を撮りたいと明確なイメージを持っていないと難しいでしょう。

レンズはフルサイズ換算で200mm前後であればバランス良く使いやすいです。

野山北・六道山公園 展望台 富士山

野山北・六道山公園 展望台 の 紅葉

野山北・六道山公園では例年11月下旬から12月上旬にかけて紅葉の見頃を迎えます。公園全体が雑木林の里山で、展望台からはそれを見下ろす形になります。

展望台から望む以外にも紅葉の見所はたくさんあるので、周辺を散策しながら撮影し、展望台は多くの撮影箇所のうちの一つと考えた方が楽しめます。

レンズは散策に向いた高倍率ズームが使いやすいです。

野山北・六道山公園 展望台 紅葉

野山北・六道山公園 展望台 への アクセス

野山北・六道山公園 展望台には専用の無料駐車場があります。

公共交通機関を使う場合はJR八高線、箱根ケ崎駅から徒歩約45分ほどです。バスを使ってのアクセスも可能ですが、歩く時間は10分程度しか短縮できません。

舗装されているとは言え、勾配のある丘陵地を歩くので、歩きやすい靴が必要です。

野山北・六道山公園 展望台 周辺の おすすめスポット

瑞穂ビューパーク

瑞穂ビューパーク
見所
風景
夜景
富士山
花(桜、八重桜)
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★

さやま花多来里の郷

さやま花多来里の郷
見所
花(カタクリ)
おすすめ度★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

狭山湖

狭山湖
見所
風景
富士山
建築(取水塔)
花火
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★
野山北・六道山公園 展望台 風景