難波田城公園

難波田城公園 の 基本情報

難波田城公園
見所
建築(古民家)
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★

難波田城公園は埼玉県富士見市にある歴史公園です。難波田氏の城館跡として埼玉県旧跡に指定されており、2000年に公園として整備されました。

公園の東側は城郭を復元した『城跡ゾーン』、西側は市内の古民家を移設した『古民家ゾーン』と別れており、中央には難波田城資料館があります。

観光地というよりは、近所の憩いの場といった雰囲気です。週末は子どもたちなどで賑わいますが、撮影の妨げになるようなことはありません。三脚は使用可能ですが、屋内では控えたほうがいいでしょう。

公園の利用時間は4月から9月までは午後6時まで、10月から3月までは午後5時までで、朝は通年で午前9時からです。難波田城資料館と古民家は通年で午後5時までとなっています。なお、入園料、入館料などはかかりません。

公園自体に休園日はありませんが、難波田城資料館と古民家は毎週月曜日(祝日を除く)と、祝日の翌日、年末年始は休館日となっています。

難波田城公園 の 古民家

難波田城公園の古民家ゾーンには古民家2軒と長門門が移設されており、いずれも富士見市指定有形文化財に指定されています。そのほかにも穀蔵や納屋などの建築物もあり、毎週土日と祝日には、午前11時から午後3時までボランティアによる施設ガイドも行われます。

建物の外観を撮影しようとしても、前景や背景となるようなものが少ないです。そのため、無理して建物全体を写そうとするよりも、建物の一部分だけを切り撮ったほうが印象深い写真になります。

建物の中は薄暗いため、室内撮影をする場合は大口径レンズを開放付近で使う必要があります。大きなボケを得られるので、どこにピントを合わせて、どこをボカすのかを意識して構図を作りたいです。

使用するレンズは、屋外では標準ズームレンズ、室内では大口径の標準単焦点レンズがオススメです。

難波田城公園 室内 書院

難波田城公園 への アクセス

難波田城公園には専用の無料駐車場があります。利用時間は公園と同じで、4月から9月までは午後6時まで、10月から3月までは午後5時までで、朝は通年で午前9時からです。

公共交通機関を使う場合は東武東上線、志木駅からバスに乗り、「興禅寺入口」バス停下車、徒歩約5分ほどです。

東武東上線、鶴瀬駅から市内循環バスだと「難波田城公園入口」バス停下車で、徒歩約3分ほどですが、市内循環バスは本数に限りがあるようです。

難波田城公園 周辺の おすすめスポット

与野公園

与野公園
見所
花(バラ、桜)
おすすめ度★★★★
アクセス★★★★★
穴場度★★★★★

清瀬ひまわりフェスティバル

清瀬ひまわりフェスティバル
見所
花(ひまわり)
おすすめ度★★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★

大宮花の丘農林公苑

大宮花の丘農林公苑
見所
花(バラ、ポピー、コスモス、サルビア)
おすすめ度★★★★
アクセス★★★★
穴場度★★★★★
難波田城公園 屋外 丸型ポスト
難波田城公園 室内 囲炉裏
難波田城公園 屋外 大八車 長門門
難波田城公園 屋外
難波田城公園 屋外 庭園
難波田城公園 ミシン
難波田城公園 囲炉裏 鉄瓶 自在鉤
難波田城公園 蒸籠